リースコピー機などのオフィス機器のトラブル回避術

多いトラブル

一般的にコピー機と合わせてプリンターを使っている企業もいるでしょう。プリンターの場合、目詰まりに気を付けなければなりません。まずは、目詰まりを回避するための方法から覚えていきましょう。

目詰まりを防ぐ方法

電源を入れる

プリンターを普段から頻繁に使わない企業の場合、電源を切ったままにしていることもあります。しかし、電源を切ったままにすると目詰まりを起こしやすくなるでしょう。定期的に電源を入れるようにすると目詰まりを防げるようになります。

電源を切るタイミング

プリンターの電源を切る際にも注意が必要です。プリンターのヘッドが移動し終わってから電源を切りましょう。移動中に電源を切ると、インクが乾燥しやすくなります。つまり、目詰まりの原因となってしまうのです。電源を切るタイミングには気を付けましょう。

カートリッジの交換

基本的にプリンターのカートリッジは定期的に交換するのが大切です。同じカートリッジを何年も使っていると目詰まりを起こしやすくなります。使用期間をチェックしながら、カートリッジの交換を行うと良いでしょう。

メーカーを変えない

プリンターのカートリッジを交換する場合、同じメーカーの物を使うようにしましょう。メーカーを頻繁に変えると、インク同士が反応して固まってしまうことがあります。目詰まりの原因となるので、できるだけ同じメーカーのカートリッジを使い続けるようにしましょう。

リースコピー機などのオフィス機器のトラブル回避術

コピー機

分解していじらない

コピー機をリースで購入している企業も増えてきています。また、万が一コピー機が壊れてしまった場合は、下手にいじらないようにしましょう。そのままにしておくのがベストです。コピー機だけではなく、プリンターの目詰まりが起こった時も、勝手に分解していじらないようにします。余計に症状が酷くなることもあるからです。

修理業者に相談する

オフィス機器が壊れてしまった場合、現状のままで修理業者に相談するようにしましょう。修理業者からも、機器をいじらないようにと指示をされるはずです。オフィス機器の修理を専門に行っている業者であれば、すぐに原因を突き止めてくれます。また、現場で見てもらうと確実でしょう。すぐに修理したいのであれば、まずは専門業者に相談するのが一番なのです。

現場で見てもらう

基本的に直接壊れた機器を見てもらわなければ、故障の原因を突き止めることはできないでしょう。そのため、専門業者を利用するなら、まずは現場で見てもらうのが大切なのです。また、現場で確認してからでないと、正しい見積もりも出せないでしょう。