副業としても人気

駐車場経営をするための基礎知識について

本業のほかに副業があったらいいなと思ったことはありませんか。 経費があまりかからず、初期投資もそれほどかからない副業として注目されているのが駐車場経営です。 都会や田舎でも駐車場はなくてはならないものです。2台から3台分の土地の広さからでも始めることができます。また、難しいノウハウなどがなくても気軽に出来るうえ、投資として失敗の少ないものといえるのです。 駐車場経営は、特別な資格も必要ないので気軽に始めることができるのです。 自分で管理する方法と駐車場を運営する業者に委託する二つの方法があります。 土地を持っていて活用法をどうしようかと思っている場合にはおすすめの駐車場経営ですが、始めた場合に本当に儲かるのだろうかと思うのではないでしょうか。 駐車場経営には、利益を上げているところもあればなかなか上手くいっていないところもあります。 ポイントを押さえれば、上手に経営することができるのです。

ポイントを押さえて経営しよう

不動産投資の一部として駐車場経営が注目されています。 駐車場経営にはいろいろな形態があります。まず、青空駐車場という土地に駐車のためのラインを引いただけの場合と立体駐車場です。立体駐車場のほうは初期投資がかかります。契約の形態は、月極駐車場やコインパーキングなどがあります。 始める上で一番大事なことは、その場所に駐車場を作って需要があるかどうかということになります。 商業施設が近いか、住宅地があるかなどや、利用する人が使いやすい場所にあるかなどによって利用の頻度が変わってくるのです。 立体駐車場では管理者をおく必要もあり、その分人件費がかかることになります。費用がかかってもそれ以上の利用者が多ければ、大きな利益となるのです。