相場を知る

一人暮らしを始めるにあたっての家賃相場とは

春になりますと、転勤や就職で故郷を離れる方々が多くなります。特に、新社会人の方は、親元を離れまして、一人暮らしを始める方が多いのではないかと思います。一人暮らしを始めるにあたりまして、必ず出てくるのが家賃です。この家賃は、それぞれの暮らす地域や、建物の条件などで大きく違いが出てきます。東京での例を見てみますと、ほとんどの物件は駅から近いところにありまして、築年数も比較的浅い物件で、家賃相場は大体60,000円台になっておりまして、比較的お安い価格となっております。間取りは、少し狭いと思いますが、それでも60,000円台であるのは、めったにありませんので、一度検討されるといいのではないかと思います。

年収別で見る家賃の平均的な金額

家賃相場は、これから暮らす地域や、建物の条件で大きく違ってきますが、新社会人だけではなく、転勤をされる方にも、家賃は非常に頭の痛い内容となっておりますが、年収別で見る家賃相場はどれくらいかを見ていきます。年収300万円の方の場合、家賃相場は上限で7万円程度になっております。お部屋は、大体ワンルームに住んでいる方が多いようです。年収400万円から600万円の場合、家賃相場は上限で10万円になっております。なるべく貯金をしたいという方が多く、家賃がややお安い7万円台のアパートで暮らしている方が多いようです。年収別で見てみますと、年収が高くなればなるほど家賃相場も上がっていきまして少し贅沢な暮らしができますが、少しでも貯金をしたいという方が多いのも事実で若干お安い家賃で、暮らしている方が多い傾向にあります。